スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米作りの作業② 部落総出で池の草刈り

米作りの一連の作業をひとつずつ思い出しながら書き綴ってみる。今回は部落総出の池の草刈り。

★部落総出で池の草刈(5/27)

 阿方部落では小字で分割して池の草刈を行う、池からの水路整備のときと同じである。中西の私たちはここしばらくは大池の当番となるとのこと。やがて当番池の入れ替わりもあるらしい。阿方全体で6~7程の池があるようである。まだ全体を把握できていない。8時に集合して1時間半程度、大池の作業は15人程であろうか。広い斜面を端から順番に、斜面に平行に、一番下側のものが始めに進み、少し遅れて下から二番目のものが続く。草刈機が互いに当たらないように少しずらすのが工夫である。私も含めだんだん歳を取ってきた親父世代に代わって30台40台若い者の参加が増えたためか、今年は早く終わったということである。他の池も柳池、下池は見渡してみると、少し時間は長引いていたようであるが、大体同じペースで刈られていたようである。参加者の名前を覚えなければならない…。けんくん、こうくん、一郎さん…。名前を覚えるのは不得意である。

田んぼ0624
苗0624


6月24日の今日は、植え残しの補植と、田お越しや代掻きですきこめなかった雑草の刈り取りを行う。たった1週間であるが、きちんと根を張り丈を延ばしているのには驚く。苗が水に深く沈んでいるところと、高低差で水面から出ているところとでも成長が違うのにも驚く。写真は残った苗の観察のために根を洗ってみたところ。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

もとエコスタイル店長

Author:もとエコスタイル店長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。