スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うん十年の古いトラクターを直しながら使う

規模として小さい農業なので、安くすべく最初は中古と思い、便利な軽トラにも載せられるサイズのトラクターをオークションで落としました。イセキTX1250。ですが、年数なりに消耗部品が次々に傷みます。最初はヘッドガスケットが抜けて水冷の冷却水がエンジンに入り、次にラジエターホースが破れて外に水が漏れる。しかもメーカーにもう補修部品はない。水難です。

ガスケットは何べんも開けて液体ガスケットを塗ってだましだまし使用。ラジエターホースは近いサイズと形を見つけて付け直し。なんとか一年使っていたのですが、この前ガスケットからの漏れがどうしようもなくなる。これは本腰入れてやらなと思いつつ忙しい時期は放置していました。

時期として今は忙しくないのでやっとトラクターの本格修理。水漏れしてしょうがないヘッドガスケットを手づくりで交換しました。一枚の1.5mmの銅板を、切り取れないので小さなドリルの穴を開けまくってひたすらヤスリで削る。うん十年前の製品は交換部品がないので使い続けるには気合が必要なようです。火であぶって焼きなましの後、組み付け直して無事エンジン再始動。冬の田んぼ起こすのに使って様子を見たいと思います。

20151212231420512.jpeg 201512122314214da.jpeg 20151212231423950.jpeg



スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

もとエコスタイル店長

Author:もとエコスタイル店長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。