スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉川のたんぼはコナギでいっぱい

同じ今治市でも最近合併した玉川では気候風土も違います。まず田植えが違う。時期が一月半も早くに植えることができ、しかも水が池だけでなく、山から流れてくる川水を豊富に利用することができます…。

玉川の田んぼで田植えして今日でほぼ一月。せっかくなので今年の作業を開始からまとめてみます。

話が来たのが二月の末だったか三月入ってからだったか。高齢のおいさんおばさんがそろそそ出来なくなってきたからということで、隣接する田を三枚。やってみないかということで…。ちょうど自分ちの近くの何人かに声をかけて手伝ってもらっていたのですが、手狭になって広げてもいいと思っていたので。悩んだのですが承諾。というか貸してくださいとお願いしました。
IMG_20140302_134301.jpg

自宅からは車で15分。標高差もあるので自転車で水見回りにはしんどい距離。それでもおいさんは水くらいは見てあげようかというお申し出をいただいたので、これは助かると思ったのですが。おじいさんご入院で甘い期待はボツ…。しかしながらおかげでこの地での水管理を学ぶことができておりjます…。しかも水が少なすぎの場合はご近所さんのご指摘を持主さんのご家族が連絡くれたりして、それはそれで交流があって最高です!。とてもいい経験をさせていただいております。

田起こしや代掻きは共同利用のトラクターがあって安心。大きい機械なので緊張しましたが、それはそれで何とかなりまして。でも後になってこの時の不正確さが響き…。均平が取れておらず田の高いところと低いところの差が激しく、その後の水管理では苦労しました。水も冬の間に土手を崩していたところが大きく崩れ、最初は大土木工事が必要かと気をもんだのですが、そこはなんとか工夫して今のところは何とかなっております。

田植えは初めてになりますが、機械を借りることができたので、三枚ありますが大分楽に植えることができました。手植え班もうちを入れて3家族と1兄弟が待機していただけたおかげで、なんと1日で田植えを完了することができました。

その後、最初苦労したのが水管理でして…。少ないと思って入れすぎると苗が水没するし、多いと思って絞ると土が露出して草が生えるし…。水の入れ口の開閉具合(三枚の田それぞれに違う方法で板や石で調整)を覚えるのが大変でした。当初は毎日会社に行く前か帰った後にカブで通い。やや安定してくると2日置き、3日おきに変えて見回りました。
IMG_20140524_074322.jpg IMG_20140430_063452.jpg

基本深水管理としてヒエなどの雑草が生えてこないように努めたのですが、深水でもしぶとく成長するコナギさんの大発生を三枚の田すべてに確認しております。デッキブラシに釘を刺して草除草用に準備したのですが、きめ細やかに一面に生えるコナギさんには手でまさぐるのが一番なようでして。結局四つん這いの基本姿勢で頑張っております。
IMG_20140524_075508.jpg IMG_20140529_155709.jpg IMG_20140529_155740.jpg IMG_20140529_155903.jpg

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

もとエコスタイル店長

Author:もとエコスタイル店長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。