スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石鎚スカイラインをロードバイクで走破

2013年5月5日 快晴 微風 今治出発 黒森峠経由石鎚スカイライン

GW終盤の微風快晴の一日、愛媛最高峰(中四国でも最高峰)の石鎚山に迫る石鎚スカイラインを目指し、今治を出発して黒森峠から面河、石鎚、瓶ヶ森、寒風山と回る、総距離210km、標高差約1690mのハードルートを走ってきたので記録する。

出発は午前5時40分。この時分は明るくなるのも早く、もう少し早くてもよかったのだが準備や朝食に手間取りこの時間に出発。最初は一瞬ウィンドブレーカーを羽織るがすぐに脱ぐ、無風でかつちょうどいい気温。今治から南に下る道は、特に西条に入る峠を越えると目標とする石鎚山方向がよく見える。遠いな~。山にかかる雲はなく安定した様子。これからの道のりは長いので安心して進む。

石鎚を真正面に見ていたのを真っ直ぐ行かず右に右にそれて行く。高い山は真っ直ぐ行かせてくれない。旧丹原町ののんびりとした果樹園の風景の中を抜け国道11号の桜三里に入り、一変して狭隘な山間を縫う川そばの道を行く。普段はトラックを含めた交通量が多いが長期休暇の早朝とあってクルマも排ガスも気にならず気持ちよく走れる。東温市に入り軽く上り下りはじめたかと思うとすぐ左折。国道494号線にて最初の難関黒森峠(標高980m少し超えるくらいか)に挑む。

難関とはいえだらだら長い上り。ちょうど田植えの時でみごとな棚田が美しい。高校生くらいの男の子が手伝う家族での田植えの場面も美しい。眺めのいい上で写真を撮ろうと思っていると樹林に入り、次に景色が開けたときには遠すぎて撮れない無念。そうこうしている内に最高点に到着し峠を越え久万高原町に入る。峠を越えると景色が一変する。日のあたり方や風の当たり方が変わるので当然といえば当然なのだが。今回は北側から南側へと抜けたので明るい日差しの中へ。抜けてすぐの広場でひなたぼっこ。持ってきた食料を腹に収める。腹に入れると力が入る。気持ちのいい下りはスピードが出ると少し肌寒い。

面河ダムを抜け、石鎚スカイラインの入り口までずっと明るくのんびりとした気持ちのいい道。そんなに広くない田畑も明るい。途中コンビニなどないので食糧補給に道の駅にピットイン。おもごふるさとの駅。少ないクルマやバイクもここで集結。間食用にお稲荷や手作りドーナツを購入、ソフトクリーム?ジェラード?も惹かれるが今回は遠慮する。結構おいしい。しかし油断していると小石を踏んでパンク。25Cのタイヤに空気は満タンでしたがあっけなくぷすん。久々に道端でパンク修理をし油断大敵と心に誓うがたいしたこともなくほっとする。

やがて大きな鳥居が現れるとそこが石鎚スカイラインの入り口。TIMEの颯爽と走るお兄さんにここでパスされ、ちょうどよかったとペースをあわせようとするも、ずっと坂道、長い坂道、ペースのいい人には永遠に追いつきません。しかしいい景色。上ってばかりだけどいい景色。石鎚が近づき上った道がずいぶん下に見える。観光道のため他府県ナンバーも多く、バイクのお兄さんは親指を立てて応援してくれる。苦労の末、のぼりの坂道に飽きたころに目標に到着。土小屋(標高1492m)。手前から広い駐車場にたくさんのクルマが止まっているのでわかりやすい場所。午前中のうちに登頂した登山客が降りてくる時間帯。ちょうどお昼時で食堂もあるが、気持ちよく日に当たりながら外で稲荷とドーナッツで昼食。

きついと考えていたがこんなものかと思っていたらこの先がすごかった。まさに天空の道。まぶしく明るく、青い空と一面の笹が美しいコントラストの道。愛媛と高知の県境を約27km。瓶ヶ森林道はUFOラインとも呼ばれるそう。(なんで?!)。空気が澄んでるのが自転車ではよりいっそう感じられ、光の明るさが妙に印象的であった。やはり高地だからか?細かなアップダウンを繰り返し、下りは結構スピードを乗せつつ走る。GWなのでクルマもバイクもそこそこ通り、道は山なので石もところどころにあるので、気分いい道でも気持ちは張りながら走る。

天空の道が終わると愛媛へ下るトンネルの入り口。峠茶屋は繁盛。実際おいしい。食べたばかりだが、地元食材とゆず酢を使ったばら寿司を購入(後で食べたが非常に美味)。寒風山トンネルの旧道は残念ながら先で崩落のため通行止め。少々ショック。でも高知側へ下ったところにある長い新道(5432m)は通行可と知り安心する。トンネルは愛媛側に向かって下りのため、長いものの苦にならず走れる。しかし寒いのでウィンドブレーカーを羽織る。

トンネルを抜け、西条に入るとまた違った景色。明るいがさっきまでの底抜けの明るさとは違う。緑は濃さを増した感じ。風は5月らしいぬるさに変わる。朝よりも風が強くなる。下りでスピードは出るが疲れが徐々に出始める。下りきった西条の!加茂川の広い河原で3時過ぎの休憩。さっきのゆず酢の散らし寿司(大満足)を味わう。

西条からは慣れた道、サイクリングには山のほうを抜けたほうがいいが、行きと違う道ということで国道196号を北上する。日常に帰る帰り道は寄り道も多く、高齢のおじさんちや用品店に立ち寄り帰着は17時。メーター読みで210kmの距離を11時間と少しを掛けて走りきりました。天候に恵まれたからよかった。思い返すと印象的な風景がいくつも目に浮かぶ、いいサイクリングとなりました。

IMG_20130505_084748.jpg IMG_20130505_090635.jpg IMG_20130505_104030.jpg IMG_20130505_105301.jpg IMG_20130505_105406.jpg IMG_2367.jpg IMG_2364.jpg IMG_2366.jpg
 IMG_2359.jpg IMG_2373.jpg
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

もとエコスタイル店長

Author:もとエコスタイル店長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。