スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年ことしの田んぼ:田植えとその後

雨が多く畑は入れない日も多く苦労しますが、田んぼは事前に準備してるので大丈夫。
今年も玉川與和木の山間の田んぼ、田植えをみんなでやってきました。
GW最初の4/30晴天の一日、
幼児から小学生を中心に中高生と親御さんも含め総勢約30名、
7畝ある一枚の田んぼの約半分を一列になって手植え、
今年は見事一列でそろった田植えができました。

s_P1040685[1] s_P1040710[1] s_P1040715[1]


農家の野満育朗さんに互いに関連する自然と環境についてお話しいただき、
農家らしい視点で、微生物の働きなども含め楽しくお話しいただきました。
なんと、田植えの直接指導もいただきました。
参加者の中には野満さんの野菜を食べている人もあり、つながりを感じました。
(私も冬のかぶらを畑で頂きましたが、すごく甘くておいしかったです!)

s_P1040689[1] s_P1040691[1]
その後の流れも含め書くと以下の通り
4/30 田植え手植え
5/1 田植え残りを機械にて
5/2 抑草のため油粕ペレットと米ぬかの散布
5/3~しばらくは丁寧な水管理

s_P1040726[1] s_P1040731[1] >
育苗はまだ自分で出来ないので購入ですが、今年の苗はしっかりとしていたので、
高低差のある田んぼでもやりやすかったです。それでも丁寧な水管理をしないと
高いところは干からびて、低いところは苗が水没して枯れてしまいますので、
少し苗が伸びるまでは丁寧な水管理が大切です。
今は高いところの土が少し水面より顔を出すくらいにして、低いところの苗が
ギリギリ水没しないような水位にしております。高低差は直さないと苦労します。
それでも水の出口に直径100㎜の塩ビ管を設置して細かい水位調整が可能になったので、
一昨年のように水没と乾燥を繰り返すことはなくなりました。少し進歩です。

今年は抑草に努力したいので初めて投入した油粕と米ぬかですが、今のところはいい感じ、
田んぼの表面に薄く広く有機物を播いて酸欠の層をつくり草を抑える。トロトロの層をつくる。
散布はやはりペレットがいい感じ。粉状態はやはり軽いのが水面に浮かんで流れ苗にへばりついて
倒してしまう(泣)。今後の経緯を見守りたいと思います。

スポンサーサイト

道をなくさない

久しぶりにMTBで山に。以前ストーブ用に薪を頂いた場所へ。持ち主さんにお願いする前に、まだあるかなと確認に。ありました!確認にOK。道をたどり更に奥へ。

道って守る人があるから続くし残る。今ある幸せもほんと、先人のおかげ。言葉も文化も科学技術も。使うだけで守ることを怠ってるのではないだろうか?汚してそのままでないだろうか?そんなことも感じさせてくれる山行きでした。

でこぼこ道を行き綺麗な舗装路に戻り、ホッとしました。
20151227213916313.jpg 20151227213924127.jpg 201512272139160c0.jpg 20151227213915901.jpg 201512272139088f6.jpg

行き道で久しぶりにパンクも。近くでもちゃんと修理道具持っててよかった。

6月13日の田んぼであそぼうのチラシを作っていただきました。
グリーンピア玉川9時集合。3時くらいまでの予定です。

11261099_1693174840905575_1065959124_n.jpg


今回は田んぼと畑で遊ぶ予定です。
・「ころがし」という道具を使った除草作業
(農家さんより昔の農機具を大量にいただきました(感謝感謝))
・ジャガイモの収穫
・玉川で採れた小麦を使って麦茶を作る。

今事前準備に田んぼや畑に入ったり、麦茶作ったりしております。

通勤自転車はほぼ定着したものの、継獅子の練習も始まり、連日の練習?飲酒?にて乗り合いのクルマでの通勤にも甘えるようになりました。それにしてもこの時期の週末の農作業はスケジュール過密にて、本日も朝は種まき、夕方は炭素資材の入手へとあっちこっちでした。

P4060001.jpg

P4060003.jpg

P4060005.jpg

ねぎ玉ねぎは細く小さいものですがかわいいです。途中なくなってしまわないかと心配したのですが。
ジャガイモはむくむくと元気に葉っぱが顔を出してきました。
小麦は一気に身長を伸ばしてきました。

化学肥料も農薬もやらず、しかし肥料らしい肥料もやれてないので他と比べると貧弱ですが、それでも元気な姿はうれしいです。肥料のやり方と言うか土作りが本当に課題です。

ipadのガラス割れ故障より完全復活

苦労しました。
学生の頃、mtbのリムの振れとりに失敗して余計に振らせて
タイヤがブレーキに触れてパンクさせて以来の大きな失敗でした。

ipadの強化ガラスのタッチパネル、自分で交換しようと試みたものの、
一度目は敢え無く失敗。触らないのに画面が勝手に反応して、
やり直しているうちに買い換えたパネルをまた割ってしまう。

失敗の原因は三つ
1 手袋をはめずに作業した為、画面の汚れを綺麗にするのに静電気が発生。
2 度々外す作業の際に、粘着テープを剥がしやすくするドライヤーでの加熱を怠った。
3 ネット上にいくつもある交換の体験談の確認がおろそかであった。

本日Amazonより2枚目になる交換部品が届き、前回の反省を踏まえて
対策の上作業したところ無事完了。この記事も久しぶりにipadで書き込むことができました。

頼むと数万円かかるところ、
自分でして一回で直せれば2500円かかるところ、今回は2回分の5000円。
いい勉強になりました。

プロフィール

もとエコスタイル店長

Author:もとエコスタイル店長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。